【実例公開】第二新卒は日本IBMに転職できる?2回キャリアチェンジした僕が実経験から転職のポイントを教える

  • 日本IBMは第二新卒採用するの?
  • 第二新卒で、日本IBMに内定するためにやるべきこと
  • IBMの第二新卒面接どんな感じ?実体験の人の話聞きたい

このようなことが知りたいと思っている方向けの記事です。

実際に、僕自身もIT業界大手の日本アイビーエム(IBM)も、選考を受けていました。

業界大手の外資ITに、果たして第二新卒にもチャンスがあるのか?

今日は、僕自身の選考実体験をベースに、IBMに転職するためのポイントを実例公開でご紹介していきたいと思います。

「きちんと事前準備をしましょう」といった抽象的な内容ではなく、どうのような評価ポイントがあって、どうやったら評価につながりやすいかを具体的にお伝えしていきます。

IBMはそもそも第二新卒を採用しているのか?

IT業界未経験の方からすると、「そもそも未経験でも採用しているのか」が一番気になりますよね。

結論から言うと、もちろん採用しています。

IBMのHP上、3年経験未満の求人情報を掲載していますし、僕自身も未経験で転職エージェントに登録したところ、第二新卒向けの求人情報も届けていました。

IBM第二新卒向け求人

IBMの採用HPにも、経験3年未満の求人情報が掲載されています。

https://careers.ibm.com/ListJobs/All/Search/position-type/early-professional/country/jp/


DODA経由の求人情報

tamanegi

求人情報を漏らさないように、「会社HPのチェック」と「転職エージェントの登録」を行い、しっかり情報収集を行うのが大切な第一歩です。

IBM第二新卒選考フローと通過のコツ

第二新卒選考フロー

IBM/第二新卒の選考流れは以下です。

  • 書類選考
  • 適正検査(Web SPIテスト)
  • 一次面接(現場社員)
  • 最終面接(部長と人事)

面接回数が少ないが、毎回の面接時間が長めで1時間かかりました。

そして、IBMの選考結果がでるのが結構遅いです。

  • 書類選考結果:1週間
  • 一次面接結果:2週間
  • 最終面接結果:1週間

合わせて1ヶ月くらいかかりました。

tamanegi

転職エージェントからも、IBMがいつも結果出るのが遅いのコメントあったので、IBM選考結果待ちの方は焦らず気長に待ちましょう

IBM面接の特徴と通過ポイント

補足

第二新卒面接でよく聞かれる汎用的な質問と回答例は、こちらの記事をご参考ください

関連記事 【回答例付き】第二新卒面接でよく聞かれる質問と対策、内定獲得に近づく面接質問の裏を読む力も合わせて解説

実際に選考受けてみて、他社と比べてIBM面接の特徴は下記の2点が挙げられます。

  • 未経験でITに興味持つきっかけが深掘りして聞かれる【重要】
  • 熱意より、転職理由のロジックが求められる【重要】

未経験ながらITに興味持つきっかけが深掘りして聞かれる【重要】

ITに興味を持つきっかけが、2回の面接とも深掘りして聞かれました。

まずは、しっかり質問の意図を理解することから始めましょう。

質問の意図
  • 未経験のあなたが、長くITの仕事をしていく熱意と覚悟を確認するため

「〇〇を機にITに興味を持った」のような上辺の理由は誰でも言えることで、説得力がないです。

言葉だけでなく、「未経験けど、ITの仕事をするために、今実際に行動に移している」をアピールできれば、他の人の差別化ができ、面接の好評価に繋がります。

通過ポイント
  • ITに興味を持ったきっかけを答えるだけに止まらず、今実際に何かITの勉強をしているのかも合わせて答えることです。

ITの勉強を具体的には、下記のものを指しています。

  • IT関連の資格:ITパスポート、基本情報技術者試験など
  • プログラミング独学:ExcelVBA、Java、Javascript、CSSなど

僕の場合、商社で働きながらExcelVBAを独学し簡易の自動化ツール作成したことと、そして面接に行く前にITパスポートの資格を獲得したことで、実際な行動がありIT業界への転職の覚悟を面接官に納得してもらいました。

tamanegi

IT未経験の時、転職活動を始める前の「事前準備」こそが内定獲得へのキモです。

熱意より、転職理由のロジックが求められる【重要】

「〇〇事業にチャレンジしたい!」のような熱い意志はちろんマイナスにならないですが、それよりIBMの面接では、志望動機のロジックが重点的に聞かれていました。

僕が実際に面接で聞かれた質問は、下記の項目が挙げられます。

聞かれた質問例
  • ITといっても色々な仕事あるので、プログラミング・コンサルティング・プロジェクト管理、具体的にどんな仕事がしたい?
  • プログラミングやりたければ、IBMよりISE(IBM System Engineering)の方が合うけど、なぜIBMなの?

「将来的にこういうことをチャレンジしていきたい!!」のような熱い話はなく、「なんでこの判断をしたの」のような質問に終始していました。

通過ポイント
  • 転職理由のロジックエラー発生しないように、事前に転職エージェントと面接の練習を重ねておくことです。

ロジックが求められる面接は、逆に言うと質問パターンが決まってるため準備しやすい方なので、事前にエージェントと練習を繰り返した方がおすすめですよ。

日本IBMへの転職を失敗させないために、内定獲得ための全知識【実例公開】

第二新卒での転職の完全ロードマップ

そもそも第二新卒・20代で転職は初めての転職で、右も左もわからず「どこから始めればいいか」のところから悩んでる人も少なくないので、

まず「在職中事前準備〜選考準備〜内定後」の全体像を把握してもらうために、第二新卒・20代転職の完全ロードマップをまとめました。

この一本の記事を読めば、他の人と差をつけることができ、第二新卒の選考で有利な立場になれることを自信持って言えます。

関連記事 【保存版】【実例公開】第二新卒/20代の転職完全ロードマップ|2回キャリアチェンジできた原体験から全ポイントを解説

tamanegi

自分の2回キャリアチェンジのノウハウを詰めこんだ超大作です。2万字越えの有料コンテンツ以上の品質に自信がありますので、読み終わると転職成功率が必ず上がります!ぜひご参考くださいね

転職の成功率を上げるために、転職エージェントを「使い倒す」べき

転職において、ただ転職サービスに登録しただけで、うまくエージェントを使い倒しきれていない人がほとんどと言っても過言ではないです。

その原因として、下記が挙げられます。

転職エージェントを使い倒していない理由
  • 転職エージェントを信用していない
    • 転職エージェントはなんか胡散臭い
    • どうせポジショントークしかしないだろうし、自分で応募した方が気楽です
  • 自分に自信がなく、相談することすら遠慮している
    • 転職エージェンの活用方法が分からない
    • 経歴やスキルに自信がなくて、積極的に質問する勇気がない

特に、20代/第二新卒の転職はこのようなケースが多いです。

「転職エージェントに行ったらポジショントークばかりされるのが胡散臭くていや」
「早期退職した自分の経歴ではどうせ門前払いでしょう」
「面談に行ってもあまり相手にされてないでしょう」

転職中の20代の皆さん、一度はそう思っていませんでしたか?

ここからは、「転職エージェントを使い倒すメリット」と「転職エージェントを使い倒す方法」を実例公開しながらご説明します。

「とりあえず転職エージェントに登録しなさい」のような上辺なことだけではなく、「何を注意しながらどう転職エージェントを活用すればいいか」を具体的にお伝えしていきます。

転職エージェントを使い倒すメリット【実例公開】

前述のように、「転職が胡散臭い」と感じてる人も少なくないです。

まず、その観点が間違っていなくて、「胡散臭い転職エージェント」が少なからず確かに存在しています。

tamanegi

僕も実際にポジショントークしかしないエージェント1社に出会ってしまい、メールで喧嘩までしていました笑

営業ノルマしか頭にないエージェントにムカつき、メールで喧嘩していました。

とはいえ、そういったエージェントがあくまで少数派で、サポートがしっかりしているエージェントの方が圧倒的に多いです。

そして、客観的に見ても、「把握してる情報量」「面接の経験」「求人企業との関係値」において、転職エージェントの方が圧倒的に強いですので、

転職エージェントの活用方法を把握した上で、登録するだけでなくうまく使い倒せれば、下記のようなメリットが得られて、客観的に見る場合、転職において有利に立ち、成功率がグッと上がる場合が多いでしょう。

転職エージェントを使い倒すメリット
  1. 未公開求人情報を収集してくれる
  2. 「旬」なポジション(需要が高く、通過しやすいポジション)を提案してくれる
  3. 書類を添削してくれる
  4. 推薦状をつけて、企業側にあなたを推薦してくれる
  5. 面接対策は無料で何回もしてくれる
  6. 面接後、企業側からのフィードバックと次回面接向けのアドバイスがもらえる

① 未公開求人情報を収集してくれる

シンプレクス第二新卒向けの未公開求人情報です。

使用転職サービス:キャリトレ


使用転職サービス:Doda

② 「旬」なポジション(需要が高く、通過しやすいポジション)を提案してくれる

各ポジションは時期によって需要の波が発生しています。

足元で一番需要のある「旬」なポジション = 通過しやすいポジションなので、その情報を事前に把握することができるかどうかは、転職成功率に大きく影響してくると言えるでしょう。

転職エージェントが各企業と長い付き合いがあるために、規模企業内部情報を収集しどのポジションが今通過しやすいか、応募戦略を一緒に考えてくれます。

使用エージェント:Doda

③ 書類を添削してくれる

依頼すれば、基本的にどのエージェントでも対応してくれますよ。

使用エージェント:Doda

④ 推薦状をつけて、企業側にあなたを推薦してくれる

転職エージェントの方が企業側と長年パートナー関係があるので、推薦状がつけて推薦してくれた場合、書類選考通過率が高くなります。

使用エージェント:Doda

⑤ 面接対策は無料で何回もしてくれる

面接対策は依頼すれば、基本的にどのエージェントでも対応してくれますよ。

使用エージェント:Doda

⑥ 面接後、企業側からのフィードバックと次回面接向けのアドバイスがもらえる

これは、転職エージェントを活用する、「一番のアドバンテージ」とも言えます。

毎回面接後、転職エージェントが面接官のフィードバックと次回面接向けのアドバイスを、企業にヒアリングして教えてくれますので、「うまくできた」「できなかった」ところを分析できて、次回面接に活かせます。

そして、次回面接官の職位に合わせて、適切なアドバイスも教えてくれるので、「カンニング」レベルのサポートです。

毎回面接後、フィードバックと次回面接のアドバイスを、企業側にヒアリングして裏で教えてくれます。

使用エージェント:リクルートエージェント

tamanegi

こういったメリットは自分一人で応募するときはもちろん得られないので、登録するではなく、うまくエージェントを活用することが、転職成功へのキーポイントとも言えますね

転職エージェントを使い倒す方法

別途記事

IBMへの転職におオススメの転職サービスは?

転職サービスは色々ありすぎて、IBMへの転職するために、どれを使えばいいかわからないことが多いですよね。

僕自身の転職経験ベースで、オススメできる転職サービスをご紹介します。

3社とも登録していましたが、最終的に選考のサポートをしてもらったのがDODAでした。

理由は、DODAがIBMの内部情報に熟知していてて、通過率の高いポジションと面接対策をしてくれたからです。

IBMへの転職におすすめの転職サービス
  • DODA:【面接選考中に使用】
    求人企業の内部情報に熟知。内定の平均通過率が高い。
  • リクルートエージェント
    業界最大手。成功実績と転職ノウハウをもつアドバイザーが多数いる。
  • ビズリーチ (Bizreach)
    複数のエージェントから同時に、効率的に求人情報を収集できる。

僕の場合、以下のように使い分けしていました。

  • DODA【面接選考サポート】
    IBMの求人情報が一番豊富なため、選考サポートを実際にしてもらう
  • リクルートエージェント:【限定未公開求人情報収集】
    最大手ならではの未公開求人を網羅するために情報収集してもらう
  • ビズリーチ (Bizreach):【全般的に情報収集】
    IBMの求人情報を複数のエージェントから同時に効率的に収集する

上記転職サービス含め、僕実際に20社転職サービスを使った時の感想と評価も、実例付きで紹介しているので、合わせてご参考してみてください。

【実例公開】【厳選5社】20代におすすめの転職サービス、2回キャリアチェンジに成功した僕が実体験から伝える

tamanegi

僕のように20社位まではしなくても、転職成功者は、平均的に6社くらいの転職サービスを使用しているとの調査データもありますよ
転職成功者平均使用転職サービス数
成功している転職活動者は、平均して4.2社の転職エージェントを利用している
転職サイトも合わせると、平均的な使用する転職サービス数が6社になる

参考:転職エージェント(人材紹介会社)利用社数(リクナビNEXT)

IBMに転職した第二新卒の年収|年収交渉するための材料は?

実際に第二新卒で転職した後の年収も気になるところですよね。

日本IBMの平均年収は、877万円です。

出典:Open Work

ただ、第二新卒で入社した場合は、だいたい500-550万の場合が多いようです。

第二新卒であれば大抵IT未経験の人が多く、年収交渉しづらいところがありますが、

入社時の年収は結構大切のスタートラインだし、内定いただいた以上交渉するのも自分の権利なので、妥当な金額をもらうように交渉しましょう。

その際に、職種によりますが、年収交渉に使える材料として、下記のような項目が挙げられます。

  • プロジェクト管理経験
  • プログラミング知識(Java以外も)
  • 語学力

内定後の年収交渉するときは、上記のポイントを押さえて、臆せず転職エージェントと相談し妥当な金額で入社しましょう。

IBMに第二新卒で転職するためのポイント【まとめ】

今日は、第二新卒でIBMに転職するためのポイントを、実経験ベースで紹介してきました。

最後に、もう一回おさらいしましょう。

IBMの転職面接の特徴と通過コツは以下です。

  • 未経験ながらITに興味持つきっかけが深掘りして聞かれる【重要】
  • 熱意より、転職理由のロジックが求められる【重要】

そして、内定獲得するために、「一人で戦わず、転職エージェントを使い倒すこと」が非常に重要です。

転職エージェントを活用するメリットと、内定獲得率が高くなる理由は、下の項目が挙げられます。

情報収集段階のメリット
  • 未公開求人情報を収集してくれる
  • 内部情報に熟知しているので、通過率の高いポジションを提案してくれる
面接選考段階のメリット
  • 面接の前に、面接練習を付き合ってくれる
  • 面接の後に、面接官のフィードバックと次回面接のアドバイスを裏で教えてくれる

僕自身の転職経験ベースで、IBMへの転職にオススメできる転職サービスをご紹介します。

3社とも登録していましたが、

最終的に選考のサポートをしてもらったのがDODAでした。

理由は、DODAがIBMの内部情報に熟知していてて、通過率の高いポジションと面接対策をしてくれたからです。

IBMへの転職におすすめの転職サービス
  • DODA:【面接選考中に使用】
    求人企業の内部情報に熟知。内定の平均通過率が高い。
  • リクルートエージェント
    業界最大手。成功実績と転職ノウハウをもつアドバイザーが多数いる。
  • ビズリーチ (Bizreach)
    複数のエージェントから同時に、効率的に求人情報を収集できる。

僕の場合、以下のように使い分けしていました。

  • DODA【面接選考サポート】
    IBMの求人情報が一番豊富なため、選考サポートを実際にしてもらう
  • リクルートエージェント:【限定未公開求人情報収集】
    最大手ならではの未公開求人を網羅するために情報収集してもらう
  • ビズリーチ (Bizreach):【全般的に情報収集】
    IBMの求人情報を複数のエージェントから同時に効率的に収集する

上記転職サービス含め、実際に20社転職サービスを使った時の感想と評価も、実例付きで紹介しているので、合わせてご参考してみてください。

【実例公開】【厳選5社】20代におすすめの転職サービス、2回キャリアチェンジに成功した僕が実体験から伝える

今日も最後までありがとうございました。何か参考になれれば嬉しく思います!^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です