【転職者1割しか知らない】アクセンチュアへの転職難易度を、求人ポジション毎に把握するためには?

  • アクセンチュア全体ではなく、SE/コンサルなど「ポジション毎の難易度」を把握する裏技が知りたい
  • 未経験でも転職可能か?実経験の人の話を聞いてみたい
  • なんか、アクセンチュアやばいくらい激務と聞いてるけど、実際はどうなの?

こんな疑問に答える、経験談記事です。

実際に、僕自身は第二新卒で、アクセンチュアの転職選考を受けて、最終的に内定をいただくことができました。

【アクセンチュアから内定獲得】

第二新卒かつ未経験の転職なので、

  • 難易度高すぎるのかな
  • 未経験そもそも採用するのかな
  • アクセンチュアでかすぎて、応募できるポジション何があるかな

とか、色々思い悩んでいて、それを解消するために、徹底的に情報収集をしてきました。

今日は、そんな実経験を踏まえて、

  • アクセンチュアの転職難易度(エンジニア/コンサル、ポジション毎に)
  • アクセンチュアの激務の実態
  • アクセンチュアに内定するためのポイント(実経験を画像付きで解説)

が分かるように、記事をまとめてみましたので、何か参考になれれば嬉しく思います^^

アクセンチュアの求人情報【2021年情報】

アクセンチュアの組織図と業務内容

アクセンチュアが巨大な組織で、組織図と業務の違いを把握していない方も多いかと思うので、重要なポイントを理解してもらうために、簡単にまとめました。

アクセンチュアの組織図と業務内容まとめ

アクセンチュアへ応募するときの注意点

ここで要注意するのが、同時に複数の部署に応募することができません。

つまり、上記図にある4つの分野、

  • アクセンチュア コンサルティング
  • アクセンチュア テクノロジー
  • アクセンチュア インターアクティブ
  • アクセンチュア オペレーションズ

その中からいずれの1つしか、応募できないとのことです。

「選考始めてから、実は自分の希望部署にもチャンスがあったんだ」のようなことが発生しないように、

HPや転職エージェントなどを同時に使用して、十分に情報を収集しておいた方がオススメです。

アクセンチュアの中途採用求人情報【2021年最新】

2021年1月時点で、アクセンチュアHPで公開されている求人情報をまとめました。

以上の情報は、あくまで、アクセンチュアHPに公開済みの求人情報です。

そのほかに、未公開求人も数多くあります。

アクセンチュア向けの未公開求人情報

キャリトレで公開しているアクセンチュア未公開求人情報

※【面談不要】【無料】登録だけで無期限で求人情報を調べられる


リクルートエージェントが定期的に送ってくれるアクセンチュアの非公開求人情報です。

tamanegi

アクセンチュアの求人数が非常に多いので、未公開求人情報を漏れないように、リクルートエージェントキャリトレを登録して、チェックしておいた方がおすすめです。

アクセンチュアへの転職難易度【ポジション毎に】

「アクセンチュアへの転職難易度が高い」

と一言いっても、SE・エンジニアに応募する人もいるだろうし、コンサルに応募する人もいます。

応募するポジションが人それぞれなので、全体ではなく、ポジション毎に難易度を把握しないと意味がないわけです。

そこで、転職難易度を知るために、下記2点を把握する必要があります。

  • ポジション毎の求人数と応募数:競争度合いが把握できる
  • ポジション毎の人材要件:そもそも応募すべきか戦略が立てられる

ここからは、その具体的な方法をご紹介していきましょう。

ポジション毎の求人数と応募数を把握する【最強ツールあり】

リクルートエージェント「気になる求人」機能を活用すれば、ポジション毎の求人数と応募数を確認することができます。

気になる求人】に登録すれば、定期的に、このポジションの求人数と応募人数の状況を更新してくれます。

※無料サービスです。


この機能を使用するメリットは明確で、下記の2点です。

  • 未公開求人なので、競争率が格段に低いので、通過率が高い
  • ポジション毎の難易度をリアルタイム確認でき、応募戦略が立てる

そして、何と言っても、こんなメリットがあって無料なんです。

機能を使用するためにもやることも簡単です。

リクルートエージェントに登録して、アドバイザーから発行してもらった「Personal Desktop」にログインすれば、いつでも無料で利用可能です。

tamanegi

20社くらい転職サービスを使ってきましたが、「反則級」レベルのツールなので、使用しないと損になります!

ポジション毎の人材要件

人材要件 = 採用企業のニーズです。

書類準備・面接のテクニックなどをする前に、そもそも採用企業のニーズにマッチしているか確認しておかないと、無駄な努力になるわけです。

キャリトレで掲載している人材要件を例にとって、見てみましょう。

 

  • 必須条件:譲れないポイント
  • 歓迎条件:欲をいえば、こういう人に来て欲しい
  • 求める人物像:経験以外、こういう素質を持つ人が欲しい

ここで見るポイントは、まず「必須条件」です。

ここでは、【必須条件】に下記が書かれています。

下記「いずれか」のご経験をお持ちの方

・コンサルティングファームでのプロジェクト経験者
・大手金融機関の専門知識有識者
・事業会社で事業立ち上げの経験者
・シンクタンクでのプロジェクト経験者
・ITコンサルでのプロジェクト経験者
・SIerでのプロジェクト経験者

上記の経験と全く同じ経験があれば、その経験を書けば良いですが、少し離れた業務の場合には「転職先の仕事で求められる能力と、現職で培った能力の共通点、または活かせる類似点」を見つけてください。

そして、探した上で、どうしてもない場合は、この求人への応募はやめましょう。

なぜかというと、企業側がこのポジションで求める必須要件もない以上、いくら「勉強します」といっても、時間と精力の無駄になるだけです。

アクセンチュアは実際に激務なのか?

「アクセンチュア=激務」と、ネット上でよく耳にしたことがありますよね!

転職は結構大事な人生選択なので、内定もらえた場合、「入社して激務が本当だったらどうしよう」と、気になってしまう気持ちはすごく同感できます。

自分も転職していた時は、結構気になって色々調べいました。

結論からすると、「激務な時期がもちろんありますが、ブラックまでやばくない」という結果です。

むしろ、アクセンチュアとして、世間から「激務=アクセンチュア」というイメージを払拭するために、「Project Pride」という就労環境改革を立ち上げて、会社をあげて力を入れていることがみて取れます。

Vorkersという口コミサイトの評価を見てみましょう。

tamanegi

調査の限界もあり、サンプル差はあるけれど、経営層の意志決定でもあり、全社として、激務という勤務環境は大きく改善されていることが確かなことですね!

同業他社と比較してみた

それでは、同業他社と比べるときは、どうなるでしょうか?

同業他社の平均残業時間で、比較してみましょう。

▼ コンサル業界平均残業時間

  • アクセンチュア:43.5h
  • デロイトトーマツコンサルティング:71.4h
  • PWCコンサルティング:55.3h
  • アビームコンサルティング:40h
  • ボストンコンサルティング:75.7h

※出典:Vorkers

tamanegi

業界内でも、比較的に残業少ない方になってきましたね

残業代は出るのか?

アクセンチュアは基本的に年俸制になるので、残業代は出せるかについて、同じく、調査してみました。

結論からすると、

  • 残業代は支給される
  • 月6-10万円のケースが多い
  • マネージャー以上になると、残業代が出なくなる

という結果になります。

アクセンチュアの面接特徴と内定秘訣【回答例付き】

これまでは、

  • アクセンチュアの組織と求人情報
  • アクセンチュアポジション毎の転職難易度
  • アクセンチュア激務の実態

をご紹介してきました。

以上の情報を踏まえて、よしアクセンチュアに応募してみようと思うかた向けに、僕自身が実際内定した経験から、アクセンチュア面接の特徴と通過ポイントを、回答例付きでまとめました。

自信を持って必ず役に立つ内容なので、こちらもぜひご参考してみてください!

関連記事 【内定メール公開】第二新卒でもアクセンチュアに内定できる!やったことを具体的に伝える【2021年度最新】


そして。Twitter(@onionnn20s)の方でも、転職に向けて有益な内容を発信していきますので、よろしかったらフォローしていただけると嬉しいです

今日も、最後までありがとうございました^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です