【意外】楽天の求人がやばい理由はたった一つ!転職経験者が具体的に解説

  • 楽天に転職したいけど、なんか求人がやばいと言われているが、なんで?
  • 楽天で働く将来性は?選考難易度はどうでしょうか?

こん質問に答える記事です。

E-コマースの最大手、「日本のアマゾン」とも呼ばれる楽天。

そんな人気会社ですが、「会社がやばい」「求人がやばい」と世間から言われています。

これから楽天に就職・転職したい人にとっては、入社して本当にやばいだったら後悔してしまうので、どうしても気になっちゃうんですよね!

そして実際に僕も、20代で、楽天の転職選考を受けていたので、同感できます。

「楽天って本当にやばいのか」「何が原因で求人やばいと言われているのか」

今日僕の実経験を踏まえて、裏情報も含めて解説していきます!

tamanegi

何かみなさんの参考になれれば嬉しく思います^^

楽天の求人がやばいと言われる一番の理由は?【意外】

一番の理由は、応募先が乱立すぎるからです。

楽天の求人数自体はとても多いですが、グループ会社ごとに採用が分かれたりするので、求人を網羅するのが大変だったり、どちらを応募すればわからなかったりします。

tamanegi

楽天グループは、合計何社あるのか?皆さん知っていますか?

答えは、50社位です。(2021年1月情報)

【楽天グループ会社カオスマップ】

楽天カオスマップ

MEMO
楽天グループの詳細が知りたい人は、楽天の採用HPを見てみてください。

tamanegi

やばいですよね笑。よく広告業界カオスマップとか言われていますが、楽天グループ一社だけでも、楽天カオスマップできるくらいですね

さらにややこしいのは、採用が統一されていないため、求人情報が会社毎にバラバラで掲載されてしまっています。

転職者からすると、どこにどの職種を応募すればいいかまとめて見れないので、口コミで「楽天の求人がやばい」と言われているわけですね。

楽天の求人が「やばい」けど、逆にチャンス!

応募先が多すぎる問題がある一方で、グループ会社が単体で採用を行なっているのは、つまり、併願することが可能とのことです。

転職者にとっては、単純に応募できる回数が増えるので、ありがたいチャンスですね。

ではここで、皆さんの参考のために、「どこが単体採用で、どこがグループ採用なのか」、ちょっと調べてみました。

単体で採用を行う子会社

不完全調整の結果は、少なくとも下記5社は単体で採用を行なっています。

金融系のグループ会社は、単体で採用を行うケースが多いです。

楽天の求人情報を網羅するためには?

併願できる = 応募のチャンスが複数回になるので、求人情報をできるだけ網羅した方が、内定獲得に有利なのは明白です。

ただ、自力でHPサイトなど調べる求人情報を収集するのは、時間がかかりすぎて非効率なので、あまりおすすめしません。

求人情報の収集は、一括に転職エージェントに任せて、自分の時間はなるべく面接の準備に使いましょう。

転職エージェントを使うことで得られるメリットとしては、下記3点があります。

  • 【無料】お金を支払わずに求人情報を調べてくれる
  • 【時間節約】自分よりははるかに効率よく調査してくれるので、時間が節約できる
  • 【未公開求人】未公開の求人情報も提供してくれるので、想定外のチャンスが得られる

特に楽天は、併願できるので、未公開求人情報も合わせて教えてくれた方は、特に内定獲得に有利と言えます。

まだ転職意思が固まってないので、エージェント使いたくない人向け

「自分もあまり転職の意思が固まっておらず、転職エージェントに申し込むと、色々電話かかってくるのでめんどくさい」と思う人は、エージェントではなく、自分のペースで進められる無料の転職サイトを活用しましょう!

キャリトレで掲載している楽天求人情報(20代向け求人情報が多数)


リクナビネクストで掲載している楽天求人情報(20代向け求人情報が多数)

楽天に転職したい20代は、どのポジションを狙った方がいい?

結論、2つのポジションがおすすめです。

  • 楽天本社のマーケティング部門
  • 楽天グループ各社のIT部門

なぜかというと、この二つのポジションは、「求人数が多い」「未経験でもOK」だからです。

楽天本社のマーケティング部門

僕が登録した転職サービスから、多数の求人情報が掲載されていました。

リクルートエージェントで掲載楽天マーケティング求人情報

キャリトレで掲載楽天マーケティング求人情報(未経験OK)

楽天各社のIT部門

僕が登録した転職サービスから、多数の求人情報が掲載されていました。

リクナビネクスト で掲載楽天IT部門求人情報

リクルートエージェントで掲載楽天IT部門求人情報

BIZREACHで掲載楽天IT部門求人情報

tamanegi

この二つの部門以外も、多数求人情報が掲載されているので、しっかり情報収集をしておきましょう

楽天転職の難易度は?転職面接は実際どんな感じ?

楽天の難易度は、結構高です。

僕が実際に選考を受けていた楽天のマーケティング部門は、選考倍率は約10倍になります。(採用数5人、応募済み65人)

実際の選考経験もまとめましたので、「楽天の転職面接は実際どんな感じ」を知りたい方は、下記記事で参考してみてください。

関連記事 【実体験】第二新卒でも楽天に転職できる!秘訣を画像付きで全公開

楽天以外、20代はそれ以外も色々選択肢がある

20代未経験で応募できるのは、楽天以外の選択肢もたくさんあります。

僕が実際に選考受けてみて、「未経験の20代でも採用している」を確証できた会社を、実例公開で紹介してるので、合わせて参考してみてください。

MEMO

マーケティング、コンサル以外も、第二新卒を募集している会社36社をまとめましたので、きになる応募先ないかみてみてください!

【2021完全保存版】第二新卒で大手5社内定した僕が本気でおすすめする企業36社一覧【厳選】

今日は以上でした!最後まで、ありがとうございました。^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です