【実例公開】第二新卒はリクルートに転職できる?セカンド第二新卒の僕が実経験から転職のポイントを教える

  • 第二新卒で、未経験だけどリクルートに転職できるのかが知りたい
  • 第二新卒で、リクルートに転職するためのポイントを具体的に知りたい
  • 第二新卒の、リクルートの転職実体験を参考してみたい
  • 第二新卒入社後の年収は?年収交渉はどうすべきかを知りたい

このようなことが知りたいと思っている方向けの記事です。

僕自身は、社会人4年目で2回キャリアチェンジしてきました。

  • キャリアチェンジ1回目:商社 → IT(社会人2年目)
  • キャリアチェンジ2回目:IT → デジタルマーケティング(社会人3年目)

商社→ITへ転職と、IT→デジタルマーケティング、2回とも第二新卒としてリクルート選考を受けていました。

超人気企業のリクルートも、第二新卒にも果たしてチャンスがあるのか?

今日は、僕自身の選考実体験をベースに、リクルートに転職するためのポイントを実例公開でご紹介していきたいと思います。

「きちんと事前準備をしましょう」といった抽象的な内容ではなく、どうのような評価ポイントがあって、どうやったら評価につながりやすいかを具体的にお伝えしていきます。

リクルートはそもそも第二新卒を採用しているのか?

業界未経験の第二新卒からすると、「そもそも未経験でも採用しているのか」が一番気になりますよね。

結論からすると、もちろん採用しています。

僕自身も、当時は20代で、リクルート事業分野の業務経験が皆無の経歴でしたが、

転職エージェントに登録した結果、複数のエージェントからリクルート関連の求人を推薦してくれました。

リクルート第二新卒向け求人

リクルートエージェント経由で、リクルートの求人情報を送ってくれました。


DODA経由で、リクルートの人事から直接求人情報も送ってくれました。

リクルートの組織自体が巨大なため、転職エージェント1社が求人情報を全部網羅できていない可能性もあります。

そして、他社とは違って、リクルートグループ各社に、それぞれ平行して応募できるので、第二新卒にとっては大きなチャンスです!

なので、複数の転職エージェントに同時に使用して、求人情報を漏らさずに収集しておいた方がオススメですよ。

MEMO
リクルートの転職にオススメの転職サービスを知りたい人はこちら

リクルートの組織図概要

リクルートの組織図がわからない第二新卒の方も多いかと思うので、簡単にまとめした。

リクルートの組織図

2020年最新の情報なので、企業分析や面接でぜひ活用してみてください。

リクルート事業会社

各事業領域を担う事業会社の役割です。

  • リクルートキャリア
  • リクルートジョブズ
  • リクルートスタッフィング
  • リクルート住まいカンパニー
  • リクルートマーケティングパートナーズ
  • リクルートマネジメントソリューションズ
リクルート機能会社

横断的に、リクルート事業会社をサポートする機能会社の役割です。

  • リクルートコミュニケーションズ
  • リクルートテクノロジーズ
MEMO
各社の事業内容詳細は、リクルートHPご参照ください

前述したように、

  • 株式会社リクルート(統括会社)
  • 7つの事業会社
  • 2つの機能会社

上記の10社は、平行して応募することが可能です!

僕の場合、ITとデジタルマーケティング領域のポジションで応募したのですが、それ以外の領域も必ず応募ポジションがあるので、転職エージェントから求人情報を収集して、チャンスを掴んでくださいね。

tamanegi

平行応募可能の会社はリクルート以外ほぼないです。リクルートに転職したい方にとっては貴重なチャンスなので、複数社のエージェントを併用して、可能な限り求人情報を収集して応募した方がおすすめです

リクルート第二新卒面接選考フローと通過のコツ

第二新卒選考フロー

リクルート/第二新卒の選考フローは以下です。

  • 適正検査(SPIのWebテスト)
  • ITテスト(エンジニアポジションの場合)
  • 一次面接(人事)
  • 二次面接(現場責任者)
  • 最終面接(役員)

人事との面接が長め(1時間)で、その後の面接は30分程度でした。

転職面接選考の特徴と通過のコツ

実際に選考受けてみて、他社と比べてリクルートの特徴と、選考通過ポイントをまとめました。

  • 何か新規事業のアイディアを持っておくのがアピールポイントになる【重要】
  • 転職理由と過去経歴の一貫性が根掘り葉掘りに聞かれる【重要】
  • エンジニアポジションの場合、事前のプログラミングテスト(JAVA)

何か新規事業のアイディアを持っておくのがアピールポイントになる【重要】

「リクルートを踏み台として、何か実現したい事業がありますか?」、と3回の面接とも聞かれました。

tamanegi

リクルートならではの質問でしたね、非常に印象的でした

リクルートは社内起業を提唱する文化であり、その理念は採用活動にも浸透しています。

MEMO
リクルート社内は、「Ring」という新規事業コンテストが毎年開かれています。これについても調べておくのも、面接での回答材料として使えますので、ぜひ読んでみてください

ここでの通過のポイントしては、

  • 身近な日常生活に基づいた発想で、答えることです

なぜかというと、リクルートの事業分野は基本的に全部、日常生活を改善するための事業をやっているので、

「自身は日常生活を観察して、そこから事業のヒントをもらう視点を持っている」

を伝えるのが一番のアピールポイントであり、通過のコツになります。

tamanegi

僕は当時、休日に病院に行けないことから医師派遣の事業、を提案してみました。そうしたらめちゃめちゃ面接官がその事業の実現性を熱弁してくださいました笑

転職理由と過去経歴の一貫性が根掘り葉掘りに聞かれる【重要】

履歴書と職務経歴書を細かく見ながら、転職理由と過去経歴との一貫性を根掘り葉掘りに聞かれました。

ここでの通過のコツは、「応募書類の段階から、回答に一貫性を持たせること」です。

過去経歴の中でも、色々な実績があるので、その中から、同じ軸に紐付けるような実績をピックアップして、

応募書類の事例と自分の回答に一貫性を持たせることがとても大切なポイントです。

もちろん嘘はついては行けないことです。リクルートの面接では100%バレてしまいます。

tamanegi

面接の前に、転職エージェントと面接の練習をしておいた方がおすすめです

エンジニアポジションの場合、事前のプログラミングテスト(JAVA)

僕は商社→ITに転職するときに、エンジニアポジションの選考を応募したので、面接前に、簡単なプログラミングテストがありました。

合格・不合格に特に関係なく、面接に進められますので、あくまで現在のプログラミング知識レベルを測るためという意図です。

リクルートへの転職で僕が徹底したことは?【実例公開】

徹底したことは一つ、「一人で戦わず、転職エージェントを使い倒すこと」です。

「このエージェントと気が合うから、応募を全部こっちに任せる」のような、エージェントへのロイヤリティーは一切なく、

応募した企業毎に強そうな(求人数が多い・内部情報に精通)エージェントに、それぞれ応募を任せていました。

理由は2点です。

  • 求人情報の漏れを無くせる
  • 応募企業に一番関係性の強いエージェントを使うことで、内定率を高められる

僕は第二新卒で未経験業界に転職するので、

「そもそもどこが未経験の第二新卒を募集しているか」がわからなくて、情報が圧倒的に足りなかったです。

一方で、情報を出来るだけ漏れなく収集するために、自分から調べるのもできますが、時間がかかるし、入手した情報も不完全になりがちです。

tamanegi

情報が把握していないことだけで、良いチャンスを逃してしまうのがすごくもったいないことなので、しっかり情報を網羅できるよう複数の転職エージェントから情報を収集するようにしましょう

転職エージェントを活用すれば、希望する求人情報を無料でまとめてくれますので、あまり時間かからず、効率的に情報を収集することができます。

一方で、「転職エージェントがなんか胡散臭い」と思う人もいると思いますが、それもそれで事実ですが(笑)、それも商売としてやっているので仕方がないことです。

ただ、客観的に見ても、転職エージェントを活用することで、確かに色々な手厚いサポートも得られるので、

一人で戦うより、内定獲得への確率も確実に上がります。

それでは、転職エージェントを活用した場合、具体的にどういったメリットあるのかを、実例公開しながら説明していきますね。


転職活動を大きく2つの段階があります。

  • 情報収集段階:求人情報収集 + 資料作成&応募
  • 面接選考段階:面接準備 + 面接選考

まずは、情報収集段階の転職エージェント活用のメリットを紹介いたします。

情報収集段階のメリット
  • 未公開求人情報を収集してくれる
  • 内部情報に熟知しているので、通過率の高いポジションを提案してくれる

未公開求人情報を無料で収集してくれる

転職エージェントに登録すると、無料で希望する企業の未公開情報をまとめてくれます。

転職エージェントのサポート事例【抜粋】

リクルートエージェント経由での未公開求人情報です。


DODA経由での未公開求人情報です。

内部情報に熟知しているので、通過率の高いポジションを提案してくれる

単に企業の求人情報を紹介するだけでなく、応募者の経歴に合わせて、今どのポジションが一番通過率が高いのかを提案してくれていました。

転職エージェントのサポート事例【抜粋】

DODA

一回面談後、実際応募する際に、希望企業の内部情報を収集し、どのポジションが今通過しやすいか、応募戦略を一緒に考えてくれます。


情報収集の次に、面接選考段階のメリットを紹介します。

面接選考段階のメリット
  • 面接の前に、面接練習を付き合ってくれる
  • 面接の後に、面接官のフィードバックと次回面接のアドバイスを裏で教えてくれる

面接の前に、面接練習を付き合ってくれる

転職面接は、特に「慣れ」が大事です。本番の前に、転職エージェントがわざわざ時間を作って面接の練習に付き合ってくれるので、

非常にありがたいことですし、第三者のフィードバックももらえるので、自分の回答を見直す貴重なチャンスでもあります。

転職エージェントのサポート事例【抜粋】

DODAのアドバイザリーと、面接受ける前に、対策面談を対応してくれました。

※他社も希望すれば、基本的に面接の対策面談を対応できますよ。

面接の後に、面接官のフィードバックと次回面接のアドバイスを裏で教えてくれる【神サポート】

これは、転職エージェントを活用する、「一番のアドバンテージ」とも言えます。

毎回面接後、転職エージェントが面接官のフィードバックと次回面接向けのアドバイスを、企業にヒアリングして教えてくれますので、「うまくできた」「できなかった」ところを分析できて、次回面接に活かせます。

そして、次回面接官の職位に合わせて、適切なアドバイスも教えてくれるので、「カンニング」レベルのサポートです。

転職エージェントのサポート事例【抜粋】

リクルートエージェントのアドバイザリーが毎回面接後、フィードバックと次回面接のアドバイスを、企業側にヒアリングして裏で教えてくれます。

tamanegi

こういったメリットは自分一人で応募するときはもちろん得られないので、うまくエージェントを活用することが、転職成功へのキーポイントとも言えますね。

リクルートへの転職におオススメの転職サービスは?

転職サービスは色々ありすぎて、リクルートへの転職するために、どれを使えばいいかわからないことが多いですよね。

僕自身の転職経験ベースで、オススメできる転職サービスをご紹介します。

3社とも登録していましたが、最終的に選考のサポートをしてもらったのがリクルートエージェントでした。

リクルートへの転職におすすめの転職サービス
  • リクルートエージェント【僕が実際に使用】
    業界最大手。成功実績と転職ノウハウをもつアドバイザーが多数いる。
  • ビズリーチ (Bizreach)
    レジュメを登録すると、複数エージェントから同時に求人情報を受け取れる。効率的に情報収集できる。
  • DODA
    求人企業の内部情報に熟知。内定の平均通過率が高い。

僕の場合、以下のように使い分けしていました。

  • ビズリーチ (Bizreach):【全般的に情報収集】
    リクルートの求人情報を複数のエージェントから同時に効率的に収集する
  • リクルートエージェント【選考サポート】
    リクルートの求人情報が一番豊富なため、選考サポートを実際にしてもらう
  • DODA:【限定未公開求人情報収集】
    リクルートエージェント推薦以外のポジションを網羅するために情報収集してもらう

上記転職サービス含め、僕実際に20社転職サービスを使った時の感想と評価も、実例付きで紹介しているので、合わせてご参考してみてください。

【実例公開】【厳選5社】20代におすすめの転職サービス、2回キャリアチェンジに成功した僕が実体験から伝える

tamanegi

僕のように20社位まではしなくても、転職成功者は、平均的に6社くらいの転職サービスを使用しているとの調査データもありますよ
転職成功者平均使用転職サービス数
成功している転職活動者は、平均して4.2社の転職エージェントを利用している
転職サイトも合わせると、平均的な使用する転職サービス数が6社になる

参考:転職エージェント(人材紹介会社)利用社数(リクナビNEXT)

第二新卒応募可能の会社、リクルート以外も選択肢がある

ITとデジタルマーケティングに興味のある方向けの話です。

20代未経験で、ITとデジタルマーケティング業界に転職したい人には、リクルート以外の選択肢もたくさんあります。

僕が実際に選考受けてみて、「未経験の20代でも採用している」を確証できた会社を、実例公開で紹介してるので、合わせて参考してみてください。

リクルートに転職した第二新卒の年収|年収交渉するための材料は?

実際に第二新卒で転職した後の年収も気になるところですよね。

リクルートの平均年収は、855万円です。

出典:Open Work

ただ、第二新卒で入社した場合は、だいたい500-550万の場合が多いようです。

第二新卒であれば大抵業界未経験の人が多く、年収交渉しづらいところがありますが、

入社時の年収は結構大切のスタートラインだし、内定いただいた以上交渉するのも自分の権利なので、妥当な金額をもらうように交渉しましょう。

その際に、職種によりますが、年収交渉に使える材料として、下記のような項目が挙げられます。

  • 営業経験
  • コンサル経験
  • デジタルマーケティングではないが、マーケ関連知識
  • プログラミング知識
  • 語学力
  • 事業管理経験

内定後の年収交渉するときは、上記のポイントを押さえて、臆せず転職エージェントと相談し妥当な金額で入社しましょう。

リクルートに第二新卒で転職するためのポイント【まとめ】

今日は、第二新卒でリクルートに転職するためのポイントを、実経験ベースで紹介してきました。

最後に、もう一回おさらいしましょう。

リクルートの転職面接の特徴と通過コツは以下です。

  • 何か新規事業のアイディアを持っておくのがアピールポイントになる【重要】
  • 転職理由と過去経歴の一貫性が根掘り葉掘りに聞かれる【重要】

そして、内定獲得するために、「一人で戦わず、転職エージェントを使い倒すこと」が非常に重要です。

転職エージェントを活用するメリットと、内定獲得率が高くなる理由は、下の項目が挙げられます。

情報収集段階のメリット
  • 未公開求人情報を収集してくれる
  • 内部情報に熟知しているので、通過率の高いポジションを提案してくれる
面接選考段階のメリット
  • 面接の前に、面接練習を付き合ってくれる
  • 面接の後に、面接官のフィードバックと次回面接のアドバイスを裏で教えてくれる

僕自身の転職経験ベースで、リクルートへの転職にオススメできる転職サービスをご紹介します。

3社とも登録していましたが、最終的に選考のサポートをしてもらったのがリクルートエージェントでした。

リクルートへの転職におすすめの転職サービス
  • リクルートエージェント【僕が実際に使用】
    業界最大手。成功実績と転職ノウハウをもつアドバイザーが多数いる。
  • ビズリーチ (Bizreach)
    レジュメを登録すると、複数エージェントから同時に求人情報を受け取れる。効率的に情報収集できる。
  • DODA
    求人企業の内部情報に熟知。内定の平均通過率が高い。

僕の場合、以下のように使い分けしていました。

  • ビズリーチ (Bizreach):【全般的に情報収集】
    リクルートの求人情報を複数のエージェントから同時に効率的に収集する
  • リクルートエージェント【選考サポート】
    リクルートの求人情報が一番豊富なため、選考サポートを実際にしてもらう
  • DODA:【限定未公開求人情報収集】
    リクルートエージェント推薦以外のポジションを網羅するために情報収集してもらう

上記転職サービス含め、実際に20社転職サービスを使った時の感想と評価も、実例付きで紹介しているので、合わせてご参考してみてください。

【実例公開】【厳選5社】20代におすすめの転職サービス、2回キャリアチェンジに成功した僕が実体験から伝える

今日も最後までありがとうございました。何か参考になれれば嬉しく思います!^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です